ピアスのケトルを磨いています。

細かいお花の装飾が、縁の方にたくさん。

とても可愛いのですが、細かいだけに、そこに黒ずみが集中しています。

リボンも装飾されていて、ラブリーなケトルです。
ここには載せていませんが、台座もピアスされていて、そちらもまだ磨かなくてはいけません。

ピアス部分の磨き方

ピアス装飾はとても人気があるのですが、変色や黒ずみがあって磨きたいとき、注意が必要です。

布に、研磨剤などを染み込ませて磨こうとすると、ピアスに布が引っかかってとても磨きづらいのです。
そのうちに、布の方がぼろぼろになったりとか。

  • 布に、ハガティーなどのシルバーポリッシュを染み込ませたら、ピアス部分に裏から手を当てた状態で、少しずつ磨いていきます。

磨きづらいですが、ある程度きれいになったら、よしとしましょう。
完璧にする必要はありません。

  • 細部をもっときれいにしたい場合は、やっぱり重曹をブラシにつけて磨くことをおすすめします。

当ショップでお買い上げになる場合は、ほとんどのピアス品はきれいにしてからお送りしているので、黒ずみで困るということはあまりないとは思います。

海外などで直接、お買い求めになった場合は参考にしてくださいね。

おすすめの記事