ゴールドメッキされたシルバーのお手入れ方法

お客様からお問い合わせがありましたので、記しておきます。

アンティークシルバーのお手入れについて、何度かこのブログでお知らせしていますが、今回はゴールドメッキされたシルバーのお手入れ方についてです。

シルバーのゴールドメッキとは

ジャムスプーンや、エッグスプーン、フルーツスプーンなど、アンティークシルバーには、金色になったものがよくあります。
またティーセットなどで、クリーマーやシュガー入れなども、内側が金色になっています。
これらは全てゴールドメッキされているためです。

**シルバーは、酸性のもの(フルーツ)、硫黄のもの(卵)、空気中の硫化水素など、に触れると、黒く変色する性質があります。
これを防ぐために、一部のアイテム、特に、食品に使うものについては、ビクトリア時代以降、ゴールドメッキすることがよく行われました。

ゴールドメッキ、金メッキというといまいち聞こえが良くないようですが。

イギリスでは、金属の上にゴールドをのせたものを gildまたはgilded(ギルド、ギルデッド)と言います。
またフレンチシルバーでは、Vermail ヴェルメイユ、と言ったりします.

ですが、お手入れに関しては、むき出しのシルバーと違って、とても楽な面もあります。


そして、肝心のお手入れですが、

ゴールドメッキシルバーの手入れ方法

ゴールドメッキされたシルバーの手入れ法
基本的に、ゴールドメッキされたものは、お手入れの必要はありません。

一言でいうと、
ゴールドメッキされたシルバーは、変色防止の液剤や、磨き用のポリッシュや重曹は必要ないということです。

必要なのは、布だけ。
ゴールドは、シルバーのように黒く変色することはありません。
時間が経つと表面がくもってくるだけです。
なので、輝きが落ちてきたな、と思ったら、布でこすってみてください。

布で軽く拭くだけで輝きが戻ります。
お試しください。

お手入れ法はわかったけど、でも金色は嫌なの、というときは。。

ゴールドメッキには、理由があってそうなっているのですが。
でも金色は成金ぽくて嫌だ、という方もいらっしゃると思います。

どうしても金色が嫌で、フルーツや卵などに使わない場合は、一般のシルバーと同じように、ハガティーなどの通常の銀磨きで磨いてください。
少しずつ、ゴールドが薄くなってきます。
また 時間がかかるのはいや、すぐに銀色にしたい、と言う場合は、専門家に依頼することになります。

こちらの記事もどうぞ。