バターナイフ

純銀バターナイフピアス、1910年シェフィールド  ¥

小さなシルバーでありながら、ハンドル部分のピアス細工、ブレード部分のエングレービングが大変魅力的な、そして貴重なバターナイフです。

ピアス部分は、お花の模様がデザインされていますが、よく見ると、イングランドのローズ(一重のバラ)と、アイルランドのシャムロック(三つ葉)のようです。
19世紀の終わり頃、英国のバラとスコットランドのアザミ、アイルランドのシャムロックを組み合わせたデザインが、とても流行したので、その影響かもしれません。

こんなに細いスペースに、小さな糸鋸で、シルバーを切り出して細かな文様を作り出していくのは、英国シルバーのもっとも魅力的な部分ですね。よく見るとギザギザが残っており、明らかにハンドメイドとわかる作りです。

繊細に見えますが、かなり厚みがあり、とてもしっかりした作りです。エクセレントコンディション。

バターナイフで、これだけのピアスが施されたものはちょっと見かけません。貴重なお品、探していらっしゃる方におすすめします。

年代、サイズなど

年代、サイズ、コンディション

  • 材質:スターリングシルバー 925/1000
  • 年代、産地:英国シェフィールド、1910年
  • メーカー:John Round
  • サイズ,重さ:長さ16.7cm、幅2cm,重さ26g
  • コンディション:エクセレントコンディション。

おすすめアイテム