純銀ティーポットとクリーマー1841年London

1841年London 純銀ティーポットとクリーマー ¥270000

1841年ロンドン製、ビクトリア時代初期の、彫りの大変美しいティーポットとクリーマーです。

1840年代は、高速帆船の普及によって、紅茶がインドや中国からいち早く届けられるようになり、紅茶の需要が一気に広まった時代です。それに合わせて、質の高いティーセットがたくさん作られるようになった素晴らしい時期でもあります。

すっきりした形ですので、お手入れもしやすく、容量も800cc(3〜4人用)と大きすぎず小さすぎず、ちょうど良いサイズ。

こじんまりした形ながら、ずしりとした重量で、しっかり作られています。
くっきりしたエングレーヴィングがきらきらして、サルバの上に飾っておくだけでも気分が上がります。

このティーセットには通常の3点ティーセットについてくるシュガー入れがついていません。
3点セットの場合、どうしてもシュガー入れを持て余してしまうことが多く、このように、クリーマー(ミルク入れ)だけがセットされているほうが実用的にはぴったりだと思います。

**純銀製の質の高いティーポットを使ってみたい方、まず最初のティーポットをお探しの方に、特におすすめしたいティーセットです。
お手入れしやすく、容量もちょうど良い、なおかつエレガントで美しいというのがポイントです。

*スターリングシルバー製
*1841年ロンドン、メーカー:John Tapley
*ポット:14cmx25cm、重さ590g,クリーマー高さ11cm,重さ170g、ポットの容量は800cc
*文句なしのエクセレントコンディション、シンプルなフォルムがとても美しいです。

お問い合わせはこちらからどうぞ

ショップに関して、また商品についてのお問い合わせは、下のボタンをクリックしてください。

おすすめアイテム