シュガーシフタースプーン、アンティークシルバー

Sold:純銀シュガーシフタースプーン

ゴールドメッキとピアスされたシュガーシフタースプーン。

北方の英国では、1700年代まではフルーツがあまり取れませんでした。1800年代に入り、産業革命と大英帝国の発展とによって、フルーツの苗木を自宅に植えて、温室で育てるとい言うことが流行しました。

貴族や裕福な中産階級の家では、温室で実った果物をそのまま食べるほか、コンポートにしたりジャムにしたり、ドライフルーツにしたりといったこれまでにない楽しみが生まれます。

ジャムスプーンやシフタースプーンは、このような歴史から必要に応じて生まれたカトラリーなのです。

シフタースプーンは、酸味の強い果物、イチゴや柑橘類などを食する際に、シュガーをかけるために使いました。ピアスが美しいので、コレクターズアイテムとしても人気となっています。

エクセレントコンディション。

観賞用として、また実用的には実際に砂糖をかけるためのほか、ジャムやコンポートをすくう際にもお使いください。

年代、サイズなど

年代、サイズ、コンディション

  • 材質:スターリングシルバー 925/1000
  • 年代、産地:英国シェフィールド、1903年
  • メーカー:Henry-Williamson-Ltd
  • サイズ,重さ:長さ13.7cm,幅4cm,重さ25g
  • コンディション:エクセレントコンディション。
おすすめアイテム