ジャムスプーン

純銀ピアスジャムスプーン02

お花の形をデザインした愛らしいジャムスプーンです。

ピアス部分、ボウル部分の両方に、花のデザインが施されています。

ジャムスプーンは19世紀の終わり頃からたくさん作られるようになり、一番たくさん見つかるのが1900年代の初め頃でしょうか。
北方の英国では、果物を豊富に実らせることが難しかったのですが、温室で育てる技術ができたことで、英国でもフルーツの栽培が盛んになっていきました。

その貴重なフルーツを長く保存して楽しむために、コンポートやジャム、ドライフルーツの技術ができました。裕福な家庭では、その貴重なフルーツジャムを楽しむために、銀のジャムスプーンが生まれました。

ここ最近はシルバーの良い小物がなかなか見つからず、探すのに本当に苦労します。愛らしいピアスのジャムスプーン、コレクションしても実際にお使いになっても楽しいです。

年代、サイズなど

年代、サイズ、コンディション

  • 材質:スターリングシルバー 925/1000
  • 年代、産地:英国シェフィールド、1903年
  • メーカー:Cooper Brothers & Sons Ltd
  • サイズ,重さ:長さ14.5cm.幅3.2cm,重さ24g
  • コンディション:エクセレントコンディション。

おすすめアイテム