ときどき、シルバーが描かれた古い絵画をご紹介していますが、先日、地元の展覧会で、出会いました。

フランス出身で、イギリスに帰化した画家、ジェームズ.ティソ James Tissot の「別離」という1872年の作品です。

サモワールとコーヒーポット,ミルク入れ、ギャラリートレーなどが描かれています。
当時はアンティークではなく、まさに時代の最先端のティーセットだったわけで、こんな風に使われていたのだなぁとわかります。ドレスや、テーブル周りなども含めて、興味深いです。

窓の外には、兵隊たちが船に乗っているのが見えるので、おそらくこの男性もこれから軍隊に入るのでしょうね。
別れを惜しんで、どこか寂しげな家族の様子が描かれています。

Author

Write A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください